走馬灯株式会社|菅原敬太 漫画を無料立読み

知らなければよかったことを知ってしまうと…「走馬灯株式会社」

↓↓立ち読みしてみるならタップ↓↓

Handyコミック【走馬灯株式会社】一般※スマホ専用

 

「走馬灯株式会社」のあらすじ

「走馬灯株式会社」は菅原敬太さんによって描かれた作品です。
漫画アクションで連載されていました。
2012年にテレビドラマ化され、TBS系列で放映されています。

 

走馬灯株式会社とは日本のどこかにある会社で、そこに行けばDVDに収録されたある人物の人生の映像を見ることができます。
自分の人生だけでなく他人の人生の映像を見ることもできるので、他人から見た自分の姿や他人の考えていること、あるいは今まで自分が事実だと思い込んできたことの真相などを知ることができ、その事により以後の人生が変わってしまうことがあります。

 

走馬灯株式会社には老若男女様々な人が訪れますが、行きたいと思っても所在地は不明で偶然たどり着くことのみでしか行くことはできないのです。

 

主人公的な人物は登場せず、オムニバス形式の構成になっています。

 

第1話・第2話ではサラリーマンの杉浦克巳という男が走馬灯株式会社を訪れます。
杉浦は数年前にまだ幼い娘を事故によって失い、その上、妻にも病気によって先立たれてしまいます。
走馬灯株式会社で自分の人生の映像を見る杉浦でしたが、そのことにより自分が過去に犯した過ちとその過ちが娘と妻の死の原因だったことを知るのでした…。

 

「走馬灯株式会社」の感想

印象としてはドラマ「世にも奇妙な物語」を思わせるような作品だと思いました。
エピソードの中には、心温まるような話もあるのですが、割合的には怖い話・後味の悪い話が多いように思います。

 

また、個人的にはそういったブラックな話の方が印象に残りましたね。
「闇金ウシジマくん」とか好きなもので。

 

もしも実際に走馬灯株式会社があったら…、ちょっと怖いですがやっぱり見てみたいですよね。
でも、人生1年分がDVD1枚ということなので、見る暇がなさそう…。

 

ドラマは見たことがなかったのですが、ちょっと見たくなりました。

 

「走馬灯株式会社」を無料立読みするには、Handyコミックの「走馬灯株式会社」のページで「無料立ち読み」ボタンか、各巻の「この巻を立ち読み」ボタンをタップします。

 

 

↓↓立ち読みしてみるならタップ↓↓

Handyコミック【走馬灯株式会社】一般※スマホ専用

 

PCで読むならBookLive!がオススメです。
「走馬灯株式会社」を読むならトップページ上部の検索窓にタイトルを入力して検索してください。
立ち読みするには「走馬灯株式会社」各巻のページの「ブラウザ立ち読み」ボタンをクリックします。

 

↓↓PCはこちらから↓↓

「走馬灯株式会社」で検索