鬼畜島|外薗昌也 漫画を無料立読み

殺人鬼たちが支配する島から脱出できるのか!?「鬼畜島」

↓↓立ち読みしてみるならタップ↓↓

Handyコミック【鬼畜島】一般※スマホ専用

 

「鬼畜島」のあらすじ

「鬼畜島」はベテラン漫画家である外薗昌也さんによる作品です。
ジャンルとしてはスプラッター・ホラーということになるでしょうか。
残酷・グロテスクなシーンがこれでもか!というくらい出てくるので、覚悟して読むことをおすすめします。

 

M大学廃墟研究サークルのメンバーである高久たちはメンバーの父が所有するクルーザーで無人島へ。
船の上から見ると廃墟らしい建物が確認でき、サークルの部長は大喜びだったが、その島が地図に載っていないことが分かり他のメンバーは気味悪さを感じていた。

 

そんな時、学生たちは島の海岸に人影を見つける。
「遭難者かもしれない」ということで、メンバーの東山が海に飛び込み泳いで島に向かう。

 

島にたどり着いた東山が見たものは、豚の頭部を頭に被った大男だった。
その大男は手に持っていたハンマーでいきなり東山を殴りつける!!
そして何度も東山を殴りつける大男。

 

東山を助けようとその彼女である上原が海に飛び込んで島に向かい、彼女に想いを寄せている高久も続いて海へ。
2人が島に上陸すると、大男と東山はどこかに消えていた。

 

そして、2人が後ろを振り向くと、なんと乗ってきたクルーザーが座礁している。
仕方なく他のメンバーたちも泳いで島へ。

 

こうして不気味な無人島に迷い込んでしまった学生たちは、この島の恐ろしい現実を知っていくことになるのだった…。

 

「鬼畜島」の感想

冒頭から女の子が豚の頭を被った大男にナタで頭をカチ割られていたりして、残酷・不気味度100%です!!
この手のジャンルがダメな人は恐らく読む気にもならないと思いますが、好きな人はハマるのではないでしょうか。

 

「頭のおかしい殺人鬼(しかも1人ではない)がいる現代社会とは遮断された無人島(脱出方法がない)に放り込まれた普通の若者たちはどうなるのか?」というストーリーはちょっとベタな気もしますが、否が応でも続きを読みたくなってしまいます。
「主人公は生きて島を出られるのか?」「殺人鬼たちの正体は?」とか、いろんなことが気になります。

 

映画「悪魔のいけにえ」のような理解不能な恐怖を味わうのが好き、という人は必読の作品ですよ♪

 

「鬼畜島」を無料立読みするには、Handyコミックの「鬼畜島」のページで「無料立ち読み」ボタンか、各巻の「この巻を立ち読み」ボタンをタップします。

 

 

↓↓立ち読みしてみるならタップ↓↓

Handyコミック【鬼畜島】一般※スマホ専用

 

PCで読むならBookLive!がオススメです。
「鬼畜島」を読むならトップページ上部の検索窓にタイトルを入力して検索してください。
立ち読みするには「鬼畜島」各巻のページの「ブラウザ立ち読み」ボタンをクリックします。

 

↓↓PCはこちらから↓↓

「鬼畜島」で検索